一休.com会員ステージの仕組み・割引&特典メリットを解説

一休.comでは、利用状況に応じて4つの会員ステージをつけ、各ステージごとにポイントアップ還元率付与、特別宿泊プラン、お得な特典を受けることができるプログラムが用意されています。

そこで当記事では、「一休.com会員ステージ」のプログラムについてわかりやすくご紹介します。

一休.comを通じて旅行をもっとお得に楽しむためには必見です。

一休.com会員ステージとは?4つの会員ステージ

スクロールできます
レギュラーゴールドプラチナダイヤモンド
条件
(6ヶ月間の利用金額)
5万円未満5万円以上10万円以上30万円以上
国内宿泊還元ポイント
(カード決済)
2%3%4%5%
国内宿泊還元ポイント
(現地決済)
1%1.5%2%2.5%
国内宿泊特別プランなし
スペシャル特典なしなしなし
レストラン還元ポイント
(コース予約)
1%1.5%2%2.5%
レストラン還元ポイント
(席のみランチ)
25pt37pt50pt50pt
レストラン還元ポイント
(席のみディナー)
50pt75pt100pt100pt
スパ1%1.5%2%2.5%
ギフト1%1.5%2%2.5%
海外宿泊
(現地決済)
5%5%5%5%

一休.comの無料会員登録後に予約すると、利用金額に応じて会員ステージが決まります。

会員ステージごとにポイント還元率が異なり、宿泊代金に応じてポイントが貯まります。

その他、特別プランやスペシャル特典が受けられるようになり、会員限定クーポンが不定期で配布されることも。

会員ステージを上げれば上げるほど、どんどんお得になっていきます。

会員登録後すぐになれるレギュラー会員以外のメリットをご紹介します。

ゴールド会員のメリット

「ゴールド会員」の場合は、国内宿泊予約時に還元されるポイントが3%。

レストラン、スパ、ギフトは1.5%。

ゴールド会員以上の特別宿泊プランが予約できるようになります。

特別宿泊プランは、ゴールド会員以上でないとチェックすることができません。

そのため、ゴールド会員以上の方は、ぜひ通常検索時とどれくらい違うのかご覧になってみてください。

>> 特別宿泊プランを見てみる

プラチナ会員のメリット

「プラチナ会員」の場合は、国内宿泊予約時に還元されるポイントが4%。

レストラン、スパ、ギフトは2%。

ゴールド会員以上の特別宿泊プランが予約できるようになります。

ゴールド会員との違いは、ポイント還元率のみです。

>> 特別宿泊プランを見てみる

ダイヤモンド会員のメリット

「ダイヤモンド会員」の場合は、国内宿泊予約時に還元されるポイントが5%。

レストラン、スパ、ギフトは2.5%。

ゴールド会員以上の特別宿泊プランが予約できるようになります。

ゴールド会員・プラチナ会員との違いは、ポイント還元率。

さらに、ダイヤモンド会員限定のスペシャル特典が受けられるようになります。

スペシャル特典の内容は、ダイヤモンド会員でないと中身を確認することができません。

そのため、ダイヤモンド会員の方は、どんな特典が用意されているのかご覧になってみてください。

>> ダイヤモンド会員限定スペシャル特典を見てみる

どうすれば会員ステージが上がっていくのか仕組みやルールについて見ていきましょう。

一休.com会員ステージの判定方法・有効期限

一休.com会員ステージは、6ヶ月間の利用金額で判定されます。

各会員ステージに必要な6ヶ月間の利用金額

ゴールドプラチナダイヤモンド
6ヶ月間の利用金額5万円以上10万円以上30万円以上

一休.comのサービスを6ヶ月間で利用した金額で会員ステージが決まります。

国内宿泊だけでなく、レストラン、スパ、ギフト、海外宿泊も判定対象です。

例えば、6ヶ月以内に国内宿泊20万円、レストラン5万円、スパ2万円、ギフト3万円を利用すれば、合計で30万円。

ダイヤモンド会員の条件を達成できます。

一休.com会員ステージの判定期間

判定期間は人によって異なるわけではなく、全会員共通で一定期間を決められています。

判定期間は下記2つの期間で固定されています。

  • 4月1日~9月30日
  • 10月1日~3月31日

他の予約サイトでは、はじめて利用した日が会員ステージ判定基準日となり、その日から計算がスタートします。

しかし、一休.comの場合は、会員がはじめて利用した日ではなく、上記期間に基づいて計算されます。

例えば、3月30日の宿泊料金が10万円、4月1日の宿泊料金が20万円の場合、合計利用金額が30万円でダイヤモンド会員の条件に達しますが、判定期間が異なるため、プラチナ会員になります。

ステージアップされるタイミング

利用金額が上の会員ステージ基準に達した場合、達成した翌月7日から上の会員ステージとなります。

会員ステージは次の期間終了時まで最長11ヶ月継続されます。

4月~9月の利用金額の累計が会員ステージ基準に達した場合、達成した翌月7日に会員ステージが上がります。

アップした会員ステージは4月6日まで継続されます。

例えば、4月30日までに利用金額が30万円を超えれば、5月7日からダイヤモンド会員になり、翌年の4月6日まで継続。

10月~3月の利用金額の累計が会員ステージ基準に達した場合、達成した翌月7日に会員ステージが上がります。

アップした会員ステージは10月6日まで継続されます。

例えば、10月31日までに利用金額が30万円を超えれば、11月7日からダイヤモンド会員になり、翌年の10月6日まで継続。

ステージダウンされるタイミング

会員ステージ判定期間内の6ヶ月間の利用金額が現在の会員ステージ基準に満たない場合、次の期間開始月(4月/10月)の7日から会員ステージが1つ下がります。

例えば、4月30日までに利用金額が30万円を超え、5月7日からダイヤモンド会員になっていたとします。

4月~9月の利用金額は30万円を超えているため、翌年の4月6日まで継続が確定。

しかし、10〜3月の利用金額が30万円を超えない場合は、翌年の4月7日からプラチナ会員に格下げになります。

効率よくお得に利用実績を積み上げる裏ワザ

一休.comの宿泊プランやキャンペーンには、ポイントアッププランがあります。

一休.comで貯まったポイントは、宿泊料金に1ポイント1円で使えるので、ポイントアッププランのカラクリを上手に活用することで効率よくお得に利用実績を積めます。

1泊3万円(ポイント還元2%) VS 1泊3.5万円(ポイント還元22%)

例えば、1名1泊3万円でポイント還元2%だと600ポイント付与されます。

しかし、同じホテルの違うプランを探していると、1名1泊3.5万円でポイント還元22%のプランがありました。

表面上の価格では1泊3万円の方が安いですが、実質1泊3.5万円の方が安いのです。

1泊3.5万円の方が安い理由

1泊3万円で2%還元だと600ポイント付与され、実質29,400円。

1泊3.5万円で22%還元だと7,700ポイント付与され、実質27,300円。

1ポイント=1円として利用できるため、実質価格で計算すると1名1泊3.5万円のプランの方が安くなります。

「支払う金額は多い。だけど、ポイント分で安くなる。」

このカラクリを頭に入れておくと、効率よく上級会員に駆け上がることが可能です。

ダイヤモンド会員になる頃には、貯まったポイントで高級宿に宿泊できるくらいポイントが貯まります。

ポイント泊でダイヤモンド会員のスペシャル特典をじっくり堪能しましょう。

一休.comでは、ポイントアッププランの専用ページが用意されています。

下記ページで探すと簡単です。

>> ポイントアッププランを見てみる

補足

ダイヤモンド会員になりたいけれど「さすがに6ヶ月で30万円は無理!」という場合は、無理に宿泊する必要はありません。

一休.comでは、割引クーポンが常時配布されており、そちらを利用するだけでもかなりお得に予約できます。

一休.comの割引クーポンについては、下記ページでまとめています。

詳細:一休.comの割引クーポンコード・キャンペーン・セールまとめ

一休.com会員ステージの確認方法

現在のステージを確認したい場合は、下記ページでご確認できます。

どのステージで、どのような特典を利用できるのか?などの細かい情報も記載されています。

>> 一休.com会員ステージを確認する

注目必須セール情報!!

①県民割で宿泊・日帰り50%割引

10月10日まで各都道府県で実施中!

全国の県民割をチェックする

②全国旅行割で宿泊・交通付宿泊・日帰り40%割引

10月11日から12月下旬まで全国で実施!

全国旅行割をチェックする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!